FX 入門者なら理解しておきたい順張りと逆張りとの違い

FX 入門者なら理解しておきたい順張りと逆張りとの違い

FX 入門者なら理解しておきたい順張りと逆張りとの違い 順張りや逆張りは、FX 入門者にとっても基本となる取り引き方法で、なるべくならば早い段階で覚えておきたいものです。順張りとは、相場が上向き傾向にあると判断した場合、買い注文を行う取り引き方法で、逆に相場が下降傾向にあれば売り注文を行い、市場の流れに沿って取り引きを行う方法です。市場の流れは、トレンドと呼ばれるもので、逆張りとはこの順張りとはまったく真逆の取り引きを行います。具体的には、相場が上向き傾向の場合売り注文を出し、相場が下降傾向にあると判断した場合買いに転じます。

FX 入門者から見て、逆張りは一見損した取引に見えますが、 相場が天井や底を付けてしまった場合、大変大きな利益をもたらす可能性のある取引方法になります。しかし、逆張りの判断は素人には難しく、プロにとってもなかなかに難しい取り引き方法とされています。

ではなぜ、FXを始めたばかりの入門者が、理解しておかなければならないのでしょうか。それは、相場の一つの流れのポイントとして、ゴールドクロスやデッドクロスなどの上がり目や下がり目がありますが、この時の売買サインに対して、だましの動きが生じることが多いからです。なかなかに奥深い事ですが、見極める一つの判断材料として覚えておきましょう。

最新のお知らせ

  • [2019年01月15日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年01月15日]
    運営者情報を追加しました。